2005年11月18日

あ〜〜ッ、5日もかけたデータを消しちゃった・・・

いや〜、今日は大変なことをしちゃいました。5日くらいかけて作成していたデータに、他のファイルを上書きしちゃったんです。電話に対応しながら操作するもんじゃありませんね。

バックアップを取った記憶もないし、さすがに青くなりましたよ。だって、更に5日かけたら、納期に間に合いませんから・・・ (^^;

でも、今日になって更新した分の損失だけで済みました。
以前に紹介した +Lhaca で圧縮するバッチファイルにこの親ホルダを指定して、タイムスケジューラーで実行していたんです。

2ヶ月くらい前に設定したものだったんで忘れてたんですけどね。忘れた頃に、こういった大ポカをやらかしますから、やっぱり備えっていうのは大事ですね。

まあ、今回はこれに絡んだコマンドを紹介しておきます。けど・・・、私自身はバッチファイルで +Lhaca を使用するので、滅多に使うことがないコマンドなんですが・・・

更新先にあるファイルを、更新元にある同名のファイルで指定に従って更新してくれるコマンド replace 。更新先のファイルが古い場合のみ更新する指定も出来るので、ブリーフケースの様な機能を実現できます。例によって、詳細は replace /? を実行し参照してください。

ファイル名に ワイルドカード が使えるので、特定のホルダをバックアップするのは比較的簡単ですが、「同名のファイル」という点に注意が必要ですね。古い場合のみ更新する /u オプションと、更新先に存在しないファイルはコピーする /a オプションは同時に指定出来ませんので・・・


最近、さすがに 「コマンドプロンプト」 の弱いところが目立ってきちゃいましたね (^^; 

自動化ネタも底を尽いてきました。次回はデータを順番に並び替えるソートコマンドの話をしますが、その後は自動処理には向かないけど、便利なコマンドを紹介することにしますね。

えっ??

そッ、その通り・・・時間稼ぎです (^^;;)

応援ポチ  お願いしま〜す。

posted by Woody at 02:35 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コマンドプロンプト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9474604
※特に許可した場合を除き、一方的な TrackBack は
  SPAM として削除いたします。ご了承ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。