2005年11月13日

トラックバック・・・単純な仕様だね

いや〜〜・・・
チョッと急ぎの作業があって、更新の手を抜いてしまいました (^^;

・・・って、言い訳から入ってしまいましたが、
タイトルにある 『手抜き』 の意味は、これとは違いますよ!

実は・・・
私は 『更新ピング』 と 『トラックバックピング』 が別物だったなんて知りませんでした・・・(^^;;

まあ、どちらも POST 形式の単純な仕様だったんですがね。詳細は結構多くのサイトでも取り上げられているので省きますが、検索エンジンでもかなりのサイトがヒットするハズです。ここでは 「ブログのメカニズムについてなら、やっぱりココでしょう!」 っていう下記のサイトを紹介しておきます。


で・・・・・・

単純な POST だってことと、すぐに判断できるってことで、ここにトラックバックフォームを作っちゃいましょう。

ただし、ここからの送信先はこのページに固定しておきます。あなたのページの情報を記入して試してくださいね。よって、このページはエグいアダルトサイト以外なら、トラックバックは自由とします。




あなたのサイト情報を記入してください

記事のタイトル


記事のurl


記事の内容


サイト名






で、・・・・・・


<?xml version="1.0" encoding="iso-8859-1" ?>
- <response>
<error>0</error>
</response>


ってレスポンスで成功だよ。error の値が1だったら失敗だね。
よかったら試してくださいね。

でも、1番は取れませんよ・・・って、2ch じゃないか・・・

真っ先に私自身が試しますので ^^;

あっ、成功したらリロードしてくださいね。じゃないと確認は出来ないと思いますよ ^^;




でも、この仕様なら、例えば 「更新PING」 を受け取れる状況を作れるならば、「これを元に XML を取得し、記事内容にキーワードが存在した場合には、そのキーワード周辺の自分の記事から内容を適当にピックアップし、トラックバックを送信する」 といった自動処理システムを作ることは可能だ。

実尊に SPAM として送られてくる記事内容は、本文記事の内容に一致していない場合が多く、これに類するような自動処理で送られていると考えたほうがいいだろう。

自分自身が サーバープログラム の設定を操作する立場にあれば、対応方法も考ることも出来るであろうが、サーバープログラム が処理した結果が表示されるだけの現状では、やっぱり、トラックバックの内容を確認した後に表示させる設定を使用するのが一番いいのだろうか??


フォーム部分を参考にするなら、ブラウザ機能でソースを表示してコピーしてね。

解かりやすいようにコメント入れたんだけど、出力時に無視されちゃうみたい・・・^^;   でも、空行で区切られているから、よーく見れば判るはずだよ。チョッと知っていればどこを修正すれば任意のサイトに送信できるか判っちゃうと思うけど、ここで・明するのは控えさせてくださいね ^^;

応援ポチ  お願いしま〜す。

posted by Woody at 16:04 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | ブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

トラックバック・・・単純な仕様だね
Excerpt: テストだよ〜〜  一回送信先の設定間違えちゃったよ ^^;  TrackBack URL じゃなくって 記事 URL を設定しちゃったよ・・・
Weblog: 『手抜き』 のための簡単プログラミング
Tracked: 2005-11-13 16:25

『成金箱』 自宅サーバー編
Excerpt: ほほー   ひょっとしてトップページでもいいの?   タイトル、サイト名も省略しちゃったよ。   これでOKなら、まるっきりサイトの宣伝だね。  あっ・・・だからスパムする奴がでてくるのか・・・..
Weblog: 『成金箱』 自宅サーバー編
Tracked: 2005-11-14 01:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。