2005年10月28日

絶対のオススメ(総合開発環境)

文章の作成が極めてヘタクソなオヤジのページを
懲りもせずにご覧いただき、ありがとうございます。

きっと、「パソコンの能力をもっと活用したい!」
あるいは、「このオヤジのように、手抜きしたい」
とお思いの、向上心あふれる方だと思います。


このような方に絶対のオススメを紹介しておきます。

あッ、アフィリエイトでここまでの 「絶対のオススメ」
なんて言い切れるものがあればいいんですが、
残念ながら、これは違いますので、一言付け加えておきます。

だって・・・ Microsoft 製品ですから・・・


実際のところを申し上げると、
簡単プログラミング と題してはいるのですが、
現状、ここで扱っている自動実行手段 「バッチファイル」 は、
プログラミング言語ではなく、「コマンドプロンプト」の
命令を連続実行する 「マクロ言語」 だと言ったほうが
適切かもしれません。

既にある機能を組み合わせて処理を行うことは出来るのですが、
基本的な機能自体を作成するには、かなり無理があるのです。


数日前、余談で 「ボタンを押しちゃうツール」 を作ってみたと
報告しましたが、これは C言語 で作成しています。

C言語 なんていってしまうと、いきなり 「ムズカシ〜」 という
先入観に襲われるかも知れませんが、本当に基本的な処理だけを
作成するのであれば、そんなに大袈裟に構える程ではないんですよ。

「ボタンを押しちゃうツール」 では、正味100行以内ですね。
ただ、ユーザーインターフェース も何もありません。
パラメーターを変更するときには、直接ソースを書き換えて
再コンパイル という状態ですが・・・

自分で使用する分には充分ですよ。
プロの方達に言わせれば、まさに 『手抜き』 プログラミング
なのでしょうが・・・


初心者レベルの話なので、プロの方、プロを目指している方は
見ていないと言う前提で言ってしまいます。

思った通りの機能を作れたことが嬉しいんです。
嬉しいから、また他にも作ってみたくなるんです。
次々に新たに挑戦していくことが楽しいんです。

処理の効率がどうの、コメントがこうの・・・
関係ありません。楽しいことが重要なんです。

一度実現した機能でも、必ずといっていいほど忘れます。
後からコードを見たとき、自分でも何を書いたか解かりません。
だから、コメントなんか自然に書くようになります。

複雑な処理をしたとき、思った以上に遅くて悩む時期も
必ず訪れます。そのときに勉強しても遅くありません。

まず、興味を持ったなら、課題を見つけて作って見ることです。
たまに、プログラミングの本ばかり読んでいて、
「まだよく理解できていないので実際には何も書いたことが無い」
という人がいます。読んだだけで理解できるとしたら・・・(自粛)

まずは、ぜひ、「出来たときの喜び」 を味わってください。
そして、楽しくなってきたなら、あとはいくらでも上達します。


好きこそものの上手なれ  っていいますしね。



あッ、あれェ〜? ^^;



肝心の紹介をして無かったですね。

Visual Studio 2005 Express Edition Beta 2 日本語版
  

マイクロソフトの総合開発環境です。無料でダウンロードできます。
ぜひ、この機会に導入してみてください。

自分の作ったアプリで処理する気分は、また格別ですョ。

このブログでも、コマンドプロンプト が落ち着いた後に
この開発環境を使って C言語 でのコンソールアプリケーション
を扱っていく予定でいます。




応援ポチ  お願いしま〜す。

posted by Woody at 02:18 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | インフォメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8674546
※特に許可した場合を除き、一方的な TrackBack は
  SPAM として削除いたします。ご了承ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。