2005年12月07日

ココの 『手抜き』 はマズイかも・・・ 人として・・・

そんな疑問もあり、ハッキリ言ってお勧めは致しません。ただ、こんなブログを書き始めたので、1つくらい私自身が自作して使うツールを公開しようと思ったので、実機能部分を作成した5倍くらいの時間をかけて体裁を整えました。

目的の機能を実現するのは面白いのですが、インターフェースやドキュメントの作成など、体裁を整える作業が何といっても面倒くさい・・・。まぁ、こんな状態ですから、とてもプロには向きませんね。

で、どんなやつか? って言うと、自動で 「年賀状の代わりにメールを年明けと同時に一斉送信して済ませちゃおう」 って言う、まことに不埒な発想のやつです (^^;

アプリケーション名は、『手抜き』 E−年賀 にしました。2006/01/31 まで使用できます。

リストによるメールの一斉送信というアプリの性質上、使用可能期間を設定させていただきました。SPAM には使用しにくい(他のMAPI準拠のシステムを通さなければならない)作りではありますが、使用されないという確証が持てません。SPAM には加担したくありませんので、何卒ご理解の程お願いします。

『手抜き』 E−年賀 の リードミー をリンクしておきますので、参考にして下さい。

そして、もう1点。(重要!)

アプリ内では一切記載されていませんが、ひとり歩き予防に加えた機能があります。本ページより正規にダウンロードされる方には、この後に記載する方法で回避が可能です。また、再配布等も特に制限しませんので、配布の際にはその方法を伝えてください。アプリに記載した URL からこのページに辿り着けると思うので、あまり意味無いかもしれませんね。

デフォルトの設定では、作成されるメールの本文の先頭に

このメールは 『手抜き』のための簡単プログラミングにて公開された
『手抜き』 E−年賀  を使用して送付されました。
  URL http://tenukipg.seesaa.net/

の3行と空白2行が出力されます。コレを回避するのに、インストールホルダにある e_nycard.ini ファイルの末尾に

NO_INSERT_TEXT=TRUE

という1行を、全て大文字で加えてください。この設定によって上記テキストは出力されなくなります。インストールホルダ の場所は、スタートメニューより、『手抜き』E−年賀 を右クリックし、プロパティ を表示することで調べられます。ついでに、このショートカットをデスクトップにコピーしておくと便利かもしれません。ドロップターゲットとしても動作しますので・・・

また、リストの作成に関しては、完全サポートではありませんが、CSV 形式に近いので Excel を利用することも可能です。その場合、文字列の中に カンマ および 2重引用符 を含まないようにして下さい。

興味ありましたら、ご自由にダウンロードしてご使用ください。

また、これに関する質問等は、ここのコメント、またはプロフィール欄にあるメールアドレスまでお願いいたします。個人的使用を発端に作成していますので、充分なユーザーテストは行われていません。バグ等が存在する可能性もあります。期間中は極力対応するように致しますので、ご一報頂ければ幸いです。

Visual Basic にて作成されていますので、VB ランタイム が必要になります。

既に VB ランタイム がインストールされている場合、こちらが便利です。lzh 圧縮ファイルです。+Lhaca などの解凍ソフトを使用して解凍後、setup.exe を実行することでインストール出来ます。アンインストールには、アプリケーションの追加と削除 をご利用ください。

MENYC000.lzh (322kb)

VB ランタイム が無かったり、また MENYC000 をインストールして VB ランタイムエラー というメッセージが表示された場合には、こちらのフルセット版をご利用ください。

FENYC000.lzh (1,471kb)



応援ポチ  お願いしま〜す。

posted by Woody at 03:56 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。